安倍三代を読んで

昨日、青木理著「安倍三代」を読み終えました。

安倍さんは今、森友学園問題の渦中の人になっています。

下のURLは、今の状況を的確にまとめてあるブログです。
是非皆様に読んで頂きたいと思います。

http://ttensan.exblog.jp/d2017-03-17/

青木さんは、現在の日本の政治家の多くが、世襲になっているということ、「もはや家業」のような状態の危機感から、本を書かれたようです。

安倍さんは、母方の祖父は言わずと知れた岸信介、父方の祖父は安倍寛、父は安倍晋太郎と、まさに三代続いた政治一家です。

父方の祖父、寛の話から始まります。

「筋道や道理を外した権力の専横に全力で抗う反権力者であり、政治思想的にも、政治手法の面でも、政治的な立ち居振る舞いの面でも、現政権とはおそらく真逆の地平に立っていた」「先の大戦下、無謀な戦争に突き進んだ軍部と、軍部出身の政権に公然と抗い、政界に打って出た」と、青木さんは寛には温かい眼差しを向け、熱く語ります。

実際、寛という人は立派な人だったらしいです。
幼くして両親を亡くしたり、離婚したりして、家庭的には恵まれなかったようですが、学業優秀、容貌も整っていて威厳があり、周りの人々にそれは慕われていたようです。

後に、晋太郎が岸の娘、洋子と結婚するのですが、その時、岸が「安倍寛の息子なら間違いない」とまで言ったそうです。

しかし、身体が弱く、村長の仕事も役場にベッドを持ち込んでしていたとのことです。
残念ながら、志半ばで世を去ります。

次に、晋太郎の話です。
青木さんは、晋太郎にも優しい目を向けています。

晋太郎の場合は、二世と言っても、寛が亡くなって、すぐに後を継いだわけではないので、自分で票田を切り開いたそうです。
在日の人達にも心を配ったとのこと、何かと在日の人達の心配をする青木さんですから、晋太郎と在日の人々との関わりにはかなりのページを使っています。

晋太郎の話の中で微笑ましく思った部分があります。

晋太郎は、両親の離婚で母親とは物心がつく前に別れてしまいます。
母親は31歳という若さで亡くなり、生涯会うことは出来なかったのですが、母親が再婚して生まれた腹違いの弟に会うことが出来るのです。
「天涯孤独と思っていたのに、僕に弟がいたんだよ」と、周りの人に嬉しそうに話していたそうです。

大人になって会えた弟・・・胸がじーんとしました。

さて、いよいよ晋三の登場です。
朝生で田原さんが「晋三のことはぼろくそに言っているよ」とのことでしたが、それ程でもなかったです。

色々な人にインタビューした結果、「凡庸で目立たない」「おとなしい良い子だった」「人当たりが良く優しい」とのこと。
「名門政治一家に生まれた運命を受け入れ、敷かれたレールの上を淡々と走ってきた姿。仲間内では優しく人がよく要領のいいおぼっちゃまの姿、言葉を変えるのなら、晋三にそれ程深淵な志や思想があった訳ではなく、与えられた運命をいかに無難に、できうるならば見事に演じきりたいと腐心しているにすぎない」そうです。

今のタカ派的な言動は、後づけと断じています。
「こうすれば岸信介や周りの狼達に喜ばれる」と、身も蓋もないことを言っています。

青木さんは、「こんな男に戦後70年にわたって積み重ねられた国の形を変えてもらいたくない!」という気持ちでいっぱいなのでしょう。
本を読みながら、青木さんの怒りが伝わってきました。

久しぶりに読み応えのある本を読みました。
面白かったです。

青木さん、敵ながらあっぱれです。


今日の紅茶は、ルピシアのブックオブティー「アップルティー」です。
説明文には「爽やかにりんごの香りが広がる芳醇な風味のアップルティーです。りんごの果実を贅沢にトッピング」とありました。

d0261273_16161715.jpg

昨日焼いたチョコレートブラウニーと頂きました。

d0261273_16160778.jpg



[PR]
Commented at 2017-03-17 21:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by furan6877 at 2017-03-17 23:08
○○様

青木さんは時々テレビで見かけるのですが、とにかく中国と韓国の味方をするのです。
それで注目していました。
本は面白かったです。
また青木さんの本を読みたいと思ったくらいです。

あのブログ、素晴らしいですよね。
いつも私の言いたいことをまとめて書いてくださっていて、心強いです。
テレビしか見ない人達に読んで頂きたいですね。

大変な事件でしたね。
その後、祖父母様と両親の仲は大丈夫かしら?と、心配しています。
取り返しがつかないですよね。
私も記事を読んで背筋が氷る思いでした。
Commented by DAO at 2017-03-19 12:56 x
面白そうな本ですね。読みたくなりました。実は私が高校生
の頃、安倍晋太郎さんの選挙区でありご自宅の近くに住んで
いました。ある時制服姿で歩いていると、まだ外務大臣にな
られる前の安倍さんが一人で歩いておられ、何も考えず
「こんにちは!」と言ってしましました。すると晋太郎さん
は「こんにちは!何時もお世話になりますね(^.^)」と本当に
心からの笑顔で優しい声、一度でファンになってしまいまし
た。その思い出の為かついつい安倍さんを応援するのかも
しれません。是非、本を読んでみます。
Commented by 花の首飾り at 2017-03-19 14:48 x
昨日から
エキサイトブログからコメブロックされています。💦😢
近く改名する予定です。
よろしくお願いします。
Commented by 花の首飾り at 2017-03-19 14:53 x
本日はすんなりとコメ送信出来ました。
昨日は、禁止ワードが含まれていると、何回も送信不可となりました。
何らかのパソコンの都合でしょうか?
その為、改名は今回見合わせます。
Commented by furan6877 at 2017-03-20 18:25
DAO様

お返事が遅れてしまい、ごめんなさいね。

まぁーっ、DAOさんは安倍さんの選挙区にいらしたのですか!
晋太郎さんは、本当に優しい方のようですね。
その優しさは祖父の寛さん、そして晋三さんにも通じますね。

青木さんの本の宣伝をするのもしゃくですが、面白かったです。
Commented by furan6877 at 2017-03-20 18:29
花の首飾り様

お返事が遅れて、ごめんなさいね。

他のエキサイトの方のブログで知ったのですが、コメント欄が一時、使えなくなったということです。
丁度花の首飾りさんがコメントしてくださった時間だったのでしょうね。
でも、ブロックでなくて良かったです。
花の首飾りさんのハンドルネームは、綺麗ですもの、変えないで下さいね。
by furan6877 | 2017-03-17 18:04 | 本・新聞・映画 | Comments(7)

紅茶と抹茶のコラボのお茶会は如何ですか?


by furan